事業内容 リニューウェル工法


リニューウェル工法(特許 第4662907号)

  • ケーシングやスクリーンの破損や劣化が確認された場合は、危険性が増大するまえに早急に対処する必要があります。
  • 井戸口径を変更させずに補修を行いたい場合に、リニューウェル工法が有効です。
  • リニューウェル工法は、既設のケーシングを特殊装置(ソニックドリル)により抜管し、新しいケーシングと入れ替えるものです。

ソニックドリルを用いたケーシング抜管作業の状況

ケーシング抜管用特殊器具
(ケーシングスピア)

使用前のスクリーン

引揚げたスクリーン

長年の使用でスクリーンが目詰まりし、さらに外周の充填砂利が固着しています。