事業内容 MVP水中カメラ調査


MVP水中カメラ調査(特許 第5081218号)

カメラを回転させることなく井戸内全周が撮影可能。
専用ソフトにより360度の展開画像を作成。

水中カメラを4台に増やし、360度全周を同時に撮影。撮影中はモニターに4分割された画像が映し出され、その場でリアルタイムに全内面が把握できます。照明にはLEDライトを採用し、より鮮明な撮影が可能となりました。
また、撮影記録は動画保存が可能なことはもちろん全内面の展開映像をご覧になれます。

LEDライト点灯状態



MVPカメラとは、M(Multi) V(View) P(Point)の略称です。
360度全周を同時に撮影できます。

MVP水中テレビの特徴

全周同時撮影

4台カメラで撮影した画像は、地上のモニター4台分割画面として映し出されます。従来は全周を確認するために1台のカメラを360度回転させていましたが、そんな煩わしい作業も不要になりました。
直視カメラも備えています。

軽量・コンパクト

カメラ本体は150A~350Aのケーシングに対応可能。
本体、電動ウィンチ、制御装置、モニターを分割しているので、持ち運びが可能です。

仕様
寸法:132mm、全長650mm
材質:SUS304
耐水圧:4.4MPa
重量:約1.5kg
直側視切替:リモートコントロール
電源:AC100V