事業内容 特殊土木工事


特殊土木工事

地すべり対策工事

地すべり対策工事は「抑制工」「抑止工」があります。
「抑制工」は、地下水位などの自然条件を変える事により、地すべり活動の停止あるいは緩和を図る工法です。
「抑止工」は、構造物の抑止力により地すべり活動の停止あるいは一部停止を図る工法です。

抑制工:集水井工・集水ボーリング工 施工状況

抑止工:杭工 施工状況

のり面保護工事

のり面保護工は切土、盛土のり面の安定確保や緑化基盤の形成を目的として広く採用されています。植生工だけでは侵食や崩壊を防止できないのり面、または植生工が適さないのり面などに対しては、現場吹付法枠工などの工法が用いられます。
当社では、のり面条件に適した対策工を行います。

現場吹付法枠工

グラウンドアンカー併用現場吹付法枠工

グラウンドアンカー・ロックボルト
併用現場吹付法枠工

バイオプラスターチ吹付工法・
バイオ注入マット工法

  • 生分解性繊維「テラマック」を混合することで、ラス金網が不要となり、コスト縮減を図れます。またテラマックは微生物により自然分解されます。
  • 有効微生物を含む植生基盤材「バイテクソイル」を使用することで、化学肥料を必要としないため、環境負荷低減を図れます。また強酸性や強アルカリ性土壌など多様な土壌条件に適応が可能です。
  • 「バイオ注入マット」を使用することで、岩盤やコンクリート壁面等の緑化も可能です。

バイオプラスターチ吹付工
pH3.6の強酸性土壌法面育成状況
(施工後5ヶ月経過)

バイオプラスターチ吹付工
アンカー受圧板法面への吹付直後
KCL試験pH3.88(強酸性土壌)

バイオ注入マット工
(岩盤法面緑化)施工状況

バイオ注入マット工
(岩盤法面緑化)生育状況

アンカー工事

引張材(アンカー材)を定着層まで挿入・定着し、得られる引張力により斜面の崩壊防止、切土法面の安定、擁壁などの構造物の安定を図ります。

グラウンドアンカー削孔状況

グラウンドアンカー受圧板設置状況

大口径取水井戸(ラージウェル)工事

地すべり対策工の集水井技術を応用し、集水ボーリングを削孔後、集水ストレーナー管(NSTスクリーン、巻線型スクリーンなど)を挿入し、地下水の取水を行います。集水井本体には、一般にプレキャストRCセグメントが使用されます。
水道水源・農業用水源・工業用水源などにおいて、大容量の取水が可能です。

集水ボーリング
(保孔管挿入状況)

取水状況

地下ダム用集水井工

ラージウェル工法は、離島における地下ダム用集水井にも採用されており、近年、実績が増えています。
地下ダム貯水域内に、RCセグメント用の集水井スクリーン(セグメントストレーナー)を配置することで、より大容量の取水を計画します。

集水ボーリング孔

小口径推進工事(ST集排水工法)

標準的な地すべり地下水排除工における集・排水ボーリングは、管径がφ40~90mm程度の集・排水管を使用しますが、多量の地下水が集中する地すべりブロック等で大容量の集・排水が必要な場合は、φ300~600mmの大口径集・排水管を設置可能な「ST集排水工法」(NETIS:HR-990020-V)が採用されています。
この工法は、下水に用いる小口径推進工(鋼管さや管工法)を応用し、先導管の方向修正機能により極めて高精度(延長50mで1/300、延長80mで1/150程度)な掘削推進と、集・排水本管の同時挿入が可能です。排水トンネル内やφ3.5mの集水井内からの発進施工も可能です。

ST集排水工法

地上⇒集水井内への排水推進状況

地上⇒排水トンネル内への到達状況

落し込みボーリング工事

地すべり地下水排除工として、落し込みボーリングにより地すべり発生の誘因となる地下水を、排水トンネル坑内へ排水します。
地上より削孔し、地下100~200mの排水トンネルに貫通させるため、削孔において正確な直進性が必要となり、当社では主に特殊削孔機(ソニックドリル)を使用しています。削孔後は、地下水の帯水層位置に合わせ、集水用NSTスクリーンなどを挿入します。

排水トンネル工事

地すべり対策工事として、ずい道(排水トンネル)掘削施工後にトンネル坑内から集水ボーリングを行います。
大規模な地すべり対策工事では、落し込みボーリング工や集水井工など他の地下水排除工と併用することで、立体的な排水対策(立体排水トンネル工法)が採用されています。

ライナープレート式排水トンネル施工状況

排水トンネル内ボーリング室からの
集水ボーリング状況

維持修繕工事(地すべり施設修繕・のり面施設修繕)

地すべり施設修繕(集排水ボーリング洗浄工)

近年、老朽化した地すべり施設を修繕し、機能を回復させる維持修繕工が重要となっています。
集水機能が低下した集水管の機能向上や排水管の目詰まり解消のため、超高圧洗浄機と特殊洗浄ノズルによる洗浄ボーリングを行います。
その他、地すべり施設維持管理のための各種提案と施工を行います。

特殊洗浄ノズルの地上噴射試験

集水井内での洗浄作業

のり面施設修繕

以下は老朽化により亀裂が発生した法枠施設の修繕例です。

亀裂への注入工

法枠工亀裂補修状況

亀裂のVカットと補修